極楽堂
  

自作、仏具関係用語辞典(気がつく度にボチボチ補充します。)
[無断転載はご遠慮願います。]


過去帳-ご先祖様の戒名や法名などを記録する記録帳。和紙で作製するため、大量生産になじまず需給は恒に逼迫している。日付の有無、宗派の区別がある場合もあり、意外に品種は多い。大型の帳面の場合には折り本だけでなく、和綴じの帳面の場合も有る。

歓喜天-俗に聖天(しょうでん)2頭の象がだきあったお姿で造形される事が多い。取扱い(とくに)注意の仏様としての言い伝えあり。仏具製造職人の巷間でも、うかつに聖天厨子に手を出すと病気になる・・・などとも。聖天厨子は円筒形の朱塗りで造形される場合が多く見受けられる。
繰り出し位牌-10枚前後の板を収納出来る構造の位牌。板の枚数-1枚分の戒名を収容出来る。(1枚はタイトル用に使われる。)
磬子(けいす)-大キン、大徳寺とも呼ばれる。鋳物、または打ち物で造られた大型のお輪。表面に褐色系の着色がされている。お寺などで用いられる大型の物が多い。1枚の銅板から打ち出された高級品は生産量が非常に少なく高額。そのため、基礎部分を鋳物で造り、音の出る心臓部のみを手打ちで作製して溶接した商品が多い。この種類の商品でも、単に『手打ち』と表現されている場合が多いので注意が必要。安価な商品では全部を鋳物で造る。

見台(けんだい)-過去帳などを載せる台。開いた状態で帳面を置くことが出来るだけの面積が必要。大型の見台の場合は2本足になることが多い。通常は黒塗りや朱塗りが多いが、欅製などもある。
砂張(さわり・さはり)-銅と錫を一定の比率で混ぜた合金の事。その他の微量元素を加える場合もある。仏具の製品の名称ではない。砂張製でいろいろな仏具がありえる。当然、必ず鳴るとは限らない。
中糸-数珠に通してある糸。中通し、貫線(ぬきせん)などともよばれる。
貫線-数珠にとおしてある糸。中糸、中通しとも呼ばれる。
ボサ-略式数珠の親玉の部分についている、円錐形状の部品。中糸を通して出す。
本金箔-純度の高い順に 5毛箔、1号色箔、2号色箔、3号色箔、4号色箔、5号色箔 の種類がある。純度が高くなるほど柔らかくなるので取扱いが難しくなる。金箔は『押す』と表現されるもので、『塗る』事は出来ません。
前具(まえぐ)-天台宗や真言宗で用いる、大壇(だいだん)などの上面に並べる仏具の総称。六器(ろっき)、塗香器、舎水器(しゃすいき)、金剛盤、金剛鈴、花鋲、火舎香炉、独鈷、三鈷、五鈷など、非常に品種が多い。
(C)gokurakudo 2014
Copyright (c) 極楽堂 All Rights Reserved.